新機能 イベント主催者向け機能「重複参加の許可/禁止」機能と「グループブラックリスト」機能をリリースしました。詳しくは こちら

お知らせ ビープラウド、「90日で稼げるプログラマーに」オンライン学習サービス「PyQ(パイキュー)」を販売開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月

18

FRONTEND CONFERENCE 2017 ハンズオン【React】

Reactで覚えるイマドキのフロントエンド開発

主催 : amagitakayosi

ハッシュタグ :#frontkansai
募集内容

イベントの説明

Reactで覚えるイマドキのフロントエンド開発

現代のフロントエンド開発では、ReactやVue等のコンポーネント指向のフレームワークが主流となっています。 それに伴い、Server Side Rendering や CSS in JSといった、Web開発の根幹を変えるような動きがいくつも起こっています。 このハンズオンでは、React界隈のモダンなツールを利用して、フロントエンド開発に起こっている変化について学びます。

こんな方にオススメ

  • エンジニア
  • デザイナー
  • 「Reactってよく聞くけどどう便利なの?」という方

参加方法

FRONTEND CONFERENCE 2017 の本編参加チケットが必須となります。

本編入場チケットをお持ちの方でも当日のハンズオン受付は先着順となりますので、

どうしても参加したい!という方は個人スポンサーチケットのご購入をおすすめします(1セッションorハンズオンの優先参加券付き)。

http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01i5u4yp7usy.html

参加の方向けのお知らせ

当日は事前にNode.js環境が導入されていると円滑です。
導入については、以下の記事をご参考にインストールをお願いいたします。

http://www.tettori.net/post/293/

ハンズオンはこちらのレポジトリを利用して進めます。
あらかじめお手元に git clone するか、 ZIPファイルでダウンロードしておいてください。
依存ライブラリのインストール (npm install) もしていただけると助かります。

https://github.com/fand/react-hands-on

講義スライドはこちらのURLで公開します。

https://speakerdeck.com/fand/reactdexue-bu-imadokifalsewebkai-fa

諸注意

  • 会場内ではPCのレンタル等を行っておりません。必ずソフトウェアがインストール可能なパソコンをお持ちください。
  • ハンズオン内で実施するソフトウェアのインストール作業により、過去のデータやバージョンが消失するなどのケースが発生しても保証はいたしかねます。予めご了承ください。
  • 当日会場内ではネットワークを用意しますが、共有回線での提供となります。万一ネットワーク不調等により回線がつながらない場合もございますのでご了承お願い致します。
  • 当日ハンズオンの座席には数に限りがございます。予めご了承お願い致します。

発表者

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

花谷拓磨(Potato4d)

花谷拓磨(Potato4d) さんが FRONTEND CONFERENCE 2017 ハンズオン【React】 を公開しました。

2017/03/06 17:06

FRONTEND CONFERENCE 2017 ハンズオン【React】〜Reactで覚えるイマドキのフロントエンド開発〜を公開しました!

グループ

関西フロントエンドUG

Kansai Frontend User Group

イベント数 75回

メンバー数 897人

終了

2017/03/18(土)

10:00
18:00

募集期間
2017/03/06(月) 17:06 〜
2017/03/18(土) 18:00

会場

新梅田研修センター 5F

〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島6−22−20

新梅田研修センター 5F